成分チェックも大切

鼻を押さえる人

求められている成分

入浴時にワキの下を念入りに洗っても、ワキガに悩む人は臭いが気になってしまいますが、汗をかいてしまうとまた臭ってしまうのでボディソープで臭い対策するのは難しいと感じている人もいます。しかしきちんとした物を選べばボディソープでワキガ対策をすることができ、効果を実感している人も多くいます。ワキガ対策用のボディーソーを選ぶ時には成分をチェックする事も大切ですが、ワキガ対策用のボディソープで求められている成分にどんな物があるか知っていますか。イソプロピルメチルフェノール、パラフェノールスルホン酸亜鉛、ミョウバンなどがワキガ対策用のボディソープで求められている成分です。イソプロピルメチルフェノールはコリネバクテリウム菌に有効な殺菌成分で、コリネバクテリウム菌はワキガを発生させる原因になっている菌の一種です。パラフェノールスルホン酸亜鉛は制汗作用のある成分で、汗の過剰を分泌を防いでくれるのでワキガが発生しないようにしてくれるのです。お風呂上りの汗が気になる人はパラフェノールスルホン酸亜鉛が配合されているボディソープを選ぶといいでしょう。ミョウバンは皮膚の表面を酸性にする働きがあり、ワキガの原因になっている雑菌はアルカリ性を好むためミョウバンで酸性にすることで雑菌の繁殖を防ぐことができます。ワキガ対策ようのボディソープの価格も様々ですが、毎日使い続けることが大切になるので、あまり高価なものではなく使い続けることができる価格の物を選ぶといいでしょう。

Copyright© 2017 ワキガ対策には専用のボディソープを使おう|有効成分を要チェック All Rights Reserved.